美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:脂肪

脂肪が最もつきやすい部分。

それがお腹。

ぷよぷよのお腹はみっともないですし、
これでは着たい服も着れなくなってしまいます。

「引き締まったお腹にしたい!」

ダイエットを始める前にお腹に脂肪がついてしまう
原因を知っておくと良いです。

「どうして?」

脂肪がついてしまう原因を知れば、
どんなダイエットをすればいいのかがわかります。


・どうしてお腹に脂肪がつくの?

何故お腹に脂肪がついてしまうのか。

その原因は主に2つあります。


・代謝が低下している

あなたは1日にどれくらい運動をしますか?

デスクワークばかりでまったく運動をしていない
方は代謝が低下してしまいます。

「どうして運動不足だと代謝が低下するの?」

筋力と代謝は深い繋がりがあるからです。

運動不足で筋力が低下すると
同じように代謝も低下してしまいます。

代謝が低下すると、脂肪を燃焼させることができなくなり
脂肪が体に蓄積されていきます。

こうしてどんどん太っていくのです。

逆に言えば、代謝さえアップさせることができれば
脂肪がスムーズに燃焼されるようになり、
太りにくい体質になります。

どんなダイエットをすれば代謝が上げられるのか
調べてみると良いでしょう。


・カロリーの高いものばかり食べている

太る一番の原因はこれです。

ステーキやケーキなどはおいしいですけど
カロリーはとっても高いです。

摂取したカロリー分運動をしているのならば
問題はないのですが、そんな人はあんまりいないです。

食べるだけ食べて運動をしないのでは、
カロリーは消費されることなくすべて脂肪として
蓄積されてしまいます。

ダイエットをするのならまずその
食生活を改善しなければいけません。

かといって食事を抜いたりするのは体に良くないので
低カロリーの食材やレシピを調べると良いでしょう。

代謝が下げられるダイエット法や低カロリーのレシピなどは
インターネットで簡単に見つけることが
できるので活用してみてください。

効果的なダイエット法でお腹のお肉をなくしてしまいましょう。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

脂肪が最もつきやすい部分…お腹。

何故お腹に脂肪がついてしまうのか。

その原因は主に2つあります。


・代謝が低下している

あなたは1日にどれくらい運動をしますか?

デスクワークばかりでまったく運動をしていない方は
代謝が低下してしまいます。

筋力と代謝は深い繋がりがあるからです。

運動不足で筋力が低下すると
同じように代謝も低下してしまいます。

代謝が低下すると、脂肪を燃焼させる事ができ
なくなり脂肪が体に蓄積されていきます。

逆に言えば、代謝さえアップさせる事ができれば
脂肪がスムーズに燃焼されるようになり、
太りにくい体質になります。

あなたは心あたりあいませんか?


・カロリーの高いものばかり食べている

太る一番の原因はこれです。

ステーキやケーキなどはおいしいですけど
カロリーはとっても高いです。

摂取したカロリー分運動をしているのならば
問題はないのですが、そんな人はあんまりいないです。

食べるだけ食べて運動をしないのでは、カロリーは
消費されることなくすべて脂肪として蓄積されてしまいます。

ダイエットをするのならまずその食生活を
改善しなければいけないという事です。

かといって食事を抜いたりするのは体に良くないので
低カロリーの食材やレシピを調べると良いでしょう。

代謝が下げられるダイエット法や低カロリーのレシピ
などはインターネットで簡単に見つけることが
できるので活用してみてください。

また、脂肪がつくのはお腹だけとは限りません。

お腹や太もも。

体の至る所に脂肪は容赦ななくついてきます。

でわ、なぜ、脂肪は亡くならないのか…

そうお悩みなら…

まず脂肪について学んでみてはいかがでしょうか?

まず、脂肪ってなんでしょう?

一口に脂肪と言っても脂肪には体脂肪、
中性脂肪、皮下脂肪、内蔵脂肪の4つの種類があります。

それぞれどんな特徴があるのかみていきましょう。


・体脂肪

体脂肪は名前の通り体の中にある脂肪の事を指します。

最近では体重計で体脂肪を図る事ができるようになってきました。

ダイエットをするときは体重を減らすよりも
体脂肪を減らした方がスリムな体型になることができます。


・中性脂肪

中性脂肪は脂肪酸とグリセリンでできています。

体を動かすエネルギーの元となる脂肪です。

トリグリセリドと呼ばれることもあります。


・皮下脂肪

皮膚のすぐ下についている脂肪が皮下脂肪です。

皮下脂肪は妊娠や出産をするときにつきやすいです。

女性らしい体のラインをつくるのに必要不可欠な脂肪です。


・内臓脂肪

内臓脂肪は腸を覆っている膜の周りについている脂肪です。

元々この場所には脂肪はつかないのですが、
脂肪をエネルギーとして使い切れなかった場合、
行き場のない余った脂肪がここに蓄積されてしまいます。

内臓脂肪は溜まり過ぎるとメタボリックシンドロームの原因になります。

ダイエットで脂肪を落とすには…

いかに脂肪をエネルギーとして消費できるかどうかが重要です。

また、栄養が足りなくなると体内に脂肪が蓄積されやすくなるので
食事を抜くダイエットでは逆に脂肪がもっと増えてしまう場合があります。

食事制限をするよりも脂肪の燃焼を促進させてくれるような
ダイエットをした方が効率良く脂肪を落とす事ができます。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

何故お腹に脂肪がついてしまうのか。

その原因は主に2つあります。


・代謝が低下している

あなたは1日にどれくらい運動をしますか?

デスクワークばかりでまったく運動をしていない
方は代謝が低下してしまいます。

「どうして運動不足だと代謝が低下するの?」

筋力と代謝は深い繋がりがあるからです。

運動不足で筋力が低下すると同じように代謝も
低下してしまいます。

代謝が低下すると、脂肪を燃焼させることができなくなり
脂肪が体に蓄積されていきます。

こうしてどんどん太っていきます。

逆に言えば、代謝さえアップさせることができれば
脂肪がスムーズに燃焼される
ようになり、太りにくい体質になります。

どんなダイエットをすれば代謝が上げられるのか
調べてみると良いでしょう。


・カロリーの高いものばかり食べている

太る一番の原因はこれです。

ステーキやケーキなどはおいしいですけどカロリーはとっても高いです。

摂取したカロリー分運動をしているのならば問題
はないのですが、そんな人はあんまりいないですよね。

食べるだけ食べて運動をしないのでは、カロリーは消費
されることなくすべて脂肪として蓄積されてしまいます。

ダイエットをするのならまずその食生活を改善しなければいけません。

かといって食事を抜いたりするのは体に良くないので
低カロリーの食材やレシピを調べると良いでしょう。

代謝が下げられるダイエット法や低カロリーのレシピなどは
インターネットで簡単に見つける事ができるので活用してみてください。

また、代謝が良くなったら、腹筋運動をするようにして下さい。

次におなかの脂肪を落とす効果的な腹筋運動についてご紹介します。

腹筋運動で痩せるにはしてはいけないことがあります。

それは、毎日行うことです。

「毎日やった方が効果が上がるんじゃないの?」

疑問に思うかもしれませんが、
筋肉は運動することで疲労します。

毎日腹筋運動を行なってしまうと筋肉の
疲労が回復できず、どんどん蓄積していきます。

疲労が蓄積すると代謝が下がり痩せにくくなってしまいます。

なので腹筋運動でおなかの脂肪を効果的に減らすには、
休みをはさみながら行うことが大切です。

そうすれば筋肉の疲労がとれて代謝をさらに高めてくれます。

「腹筋運動はどれくらいの頻度でやればいいの?」

週に3~4回くらいやるのがベストです。

痩せたいからといって焦って過剰に行うと
筋肉を痛めてしまうので、無理せず適度にやりましょう。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ