美のBlog / INFO GRAND

美容・健康・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:薄毛治療

薄毛治療にはさまざまな方法がありますが、薄くなった箇所に人工的に髪の毛を植えるのが「植毛」です。

人工毛髪を使うほか、自分の髪の毛を植える「自毛植毛」もあります。


■自分の髪で自然に仕上がる「自毛植毛」

植毛は、もともとヤケドなどで髪の毛を失い、新しく生えてこられなくなった頭皮の治療法として開発されました。

現在では薄毛治療のために多く活用され、髪の毛のみならず眉毛やまつげなどの植毛も登場しています。

自分の髪の毛を植える「自毛植毛」では、残っている髪の毛を薄くなった部分に移植するのが一般的です。

特に男性ホルモンの影響を受けやすい頭頂部が薄くなりがちなため、後頭部や側頭部の髪の毛を移植することが多くなります。

皮膚ごと採取して、小分けにしながら移植します。

局所麻酔をおこないますので、術中の痛みもほぼありません。

メリットとしては、自分の髪の毛のため拒絶反応が起きないことと、自然な仕上がりになることです。

また皮膚ごと移植するため毛根は生きたままですので、今後も生えてきます。

デメリットとしては、傷跡が残る可能性があることや、植毛できる髪の本数に限りがある、といったことが挙げられます。

今後、毛根を培養するクローン技術が確立されることで、自分の髪を好きなだけ移植できる日が来ることが期待されています。


■希望の本数を植えられる「人工植毛」

一方、ポリエチレンや塩化ビニルといった化学繊維からできた人工毛髪を使うのが「人工植毛」です。

方法としては麻酔の後、人工毛を頭皮に1本ずつ丁寧に植えていきます。

手作業でおこなうだけに、髪の毛の生え方やクセに合わせてさまざまな調節をしながら植えることが可能です。

自毛と異なり、希望に合った本数を好きなだけ植えられる点がメリットですが、人によってはアレルギー反応が出る場合もあります。

また感染症のリスクがあることや、途中で抜けてしまう可能性もありますので、安全性や再生という点でいうと自毛植毛のほうが人気は高くなっています。


おすすめ!!
発毛 育毛 自力 薄毛 改善 マニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

薄毛治療の中でも、もっとも自然な方法といえるのが「育毛」です。

現在残っている髪の毛を健康に保ち、寿命を迎える前に抜けないよう強くすることを目的におこなわれます。


■ナチュラルに根本改善できる

育毛シャンプーや育毛剤などの助けを借りながら、正しいヘアサイクルを取り戻すのが育毛です。

また最近では飲む育毛剤も登場しています。

自宅でおこなうほか、育毛専門のサロンやクリニックで、プロの手によるマッサージや機器を使う育毛法もあります。

本来のサイクルを取り戻せれば、髪の毛は寿命をまっとうすることができ、抜け毛の本数を減らすことが可能です。

もちろん寿命で抜けた髪の毛は、また新しく生え変わることができます。

増毛や植毛をするほどではない人、もしくは抵抗のある人にとっては自然で魅力的な方法ですし、頭皮から根本的に改善できるといえます。

もちろん普段の生活習慣を見直すことも、育毛の基本です。

ちなみに「養毛」も育毛の一環として捉えられていますが、「発毛」という表現は誤解を招く可能性が高いことから、使用が控えられています。


■育毛剤の種類

育毛剤といっても、その効果や作用は商品によって異なります。

ここでは代表的なものをご紹介しましょう。

1.血行促進型

もっともポピュラーなタイプです。

髪の毛のタネである毛母細胞に十分な栄養を行き渡らせるためには、頭皮の血流を良くすることが欠かせません。


「塩化カルプロニウム」や「センブリ」、「苦参エキス」などが血行を促進させる成分として知られています。

2.男性ホルモン抑制型

脱毛の原因となる男性ホルモンの分泌を抑制する育毛剤です。

特にDHT(ジヒドロテストステロン)といわれる男性ホルモンは、正常なヘアサイクルの大敵といわれています。

「フィナステリド」や「ノコギリヤシ」、「大豆イソフラボン」などの成分が男性ホルモンを抑える作用をもつことで知られています。

3.皮脂分泌抑制型

皮脂の過剰な分泌は毛穴を詰まらせ、薄毛の原因となります。

「イオウ」や「カシュウ」、「ビタミンB6」などの成分を配合した育毛剤は、皮脂分泌を抑える効果があるとされています。

その他、頭皮が乾燥している場合は保湿タイプの育毛剤もありますし、炎症が起きている場合は炎症を抑制する成分を使った商品が効果的です。

自分の症状に合わせて選びましょう。


おすすめ!!
発毛 育毛 自力 薄毛 改善 マニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

薄毛は、今や専門的に治療すべきもの、というのが主流の考え方です。

男性の脱毛の多くはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる症状で、日本全国でおよそ3人に1人の成人男性が、何らかの悩みを抱えているといわれます。

薄毛に効果的なさまざまな薬や治療法も確立されてきていますので、1人で悩まずにぜひ相談してみましょう。


■AGAとは何か?

AGAはAndrogenetic Alopeciaの略で、男性ホルモン型の脱毛症を指します。

おもに20代~50代の男性によくみられ、ひたいの生え際や頭頂部から髪の毛が薄くなっていく特徴があります。

遺伝や男性ホルモンによる影響、または生活習慣などが原因と考えられ、特に脂っぽいフケが毛穴に詰まりやすくなる「脂漏性脱毛症」が多くみられます。

2010年には、日本皮膚科学会が「AGAの診療指針」を発表しました。

これは、科学的根拠に乏しいさまざまな薄毛対策の商品やサービスが野放し状態となっている状況を改善するために作られたものです。

治療法を、その効果によってA~Dまで5段階にランク分けしたもので、たとえば「フィナステリド」や「ミノキシジル」という成分はもっとも高いAに分類されています。

現在Aランクとなっているのはこの2種類のみです。

薄毛治療専門のクリニックや皮膚科でしか扱っていない医薬品ですので、ぜひ一度相談してみましょう。


■プロペシアとミノキシジルとは?

薄毛治療薬として有名なのが「プロペシア」という錠剤です。

男性ホルモンの「テストステロン」は、「5α-還元酵素」という酵素によってDHT(ジビドロテストステロン)に変換されます。

このDHTが毛根にはたらいて髪の毛の成長を抑えてしまうため、AGAの大敵ともいわれています。

プロペシアに含まれる有効成分フィナステリドは、「5α-還元酵素」のはたらきを抑制することで、DHTの産生を抑えます。

現在の薄毛治療の代表的な薬ですが、数ヶ月間は継続する必要があります。

また女性やAGA以外の脱毛には効果がありません。

外用薬としては、ミノキシジルが診療指針のAランクに入っています。

もともと血管拡張剤として開発されたもので、髪の毛の根元にある毛母細胞や毛乳頭細胞にはたらきかけ、髪の成長をうながすとされています。

フィナステリドとミノキシジルは、作用のメカニズムが異なりますので、併用して治療をおこなうことが可能です。


おすすめ!!
発毛 育毛 自力 薄毛 改善 マニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

男性の薄毛の原因として、もっとも重要なのは男性ホルモンによる影響です。

しかしその他にも生活習慣なども大きく関わっていますので、原因となるものをなるべく排除するよう心がけましょう。


■ストレスも脱毛の原因に

男性型脱毛症(AGA)では、男性ホルモンのテストステロンから発生したDHT(ジヒドロテストステロン)の影響が重要視されています。

そのため、薄毛治療に用いられている薬の多くが、DHTが作られないよう抑制したり、既にできてしまったDHTにはたらきかける成分となっています。

しかし薄毛の原因は男性ホルモンばかりではありません。

たとえばストレスやプレッシャーなど、精神的な要因も大きいとされています。

強いストレスを受けると血管が収縮し、血流が悪くなることが分かっていますし、そのせいで不眠症などになってしまうと、ますます髪の成長を妨げてしまいます。

女性の肌と同様、新陳代謝をうながすためにはたっぷりと睡眠をとることが欠かせません。

ぜひ意識的にリラックスできる時間を作り、睡眠時間も確保したいものです。


■食事やヘアケア

その他、脂っこいものや刺激物などをとりすぎるのも、薄毛の一因と考えられています。

特に脂性のフケが毛穴に詰まる「脂漏性脱毛症」では注意したいところです。

動物性脂肪や香辛料を控え、髪に必要なミネラルをたくさん含んだ海藻類などを多く食べるようにしましょう。

また不適切なヘアケアも抜け毛の一因です。

普段から整髪料をたっぷり使っている人は、それだけ頭皮にも刺激を与えやすくなります。

シャンプーが十分でなかったりすると、髪や頭皮に残ってしまうこともありますので、なるべく地肌に優しいものを使い、シャンプー時にはしっかりすすぐようにしましょう。

さらに紫外線も頭皮にダメージを与えますので、抜け毛につながりますし、過度の飲酒や喫煙も、栄養や血流を悪くさせるため髪の毛によくありません。

特にタバコと脱毛の関係はかなり大きく取り扱われていますので、できることなら禁煙したほうが良いでしょう。

またシャンプーもぜひ見直したいポイントです。

なるべく硫酸系ではない、マイルドな洗浄成分を使った商品を選ぶと同時に「洗いすぎ」にも気をつける必要があります。

頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうと、乾燥から脱毛が起こることもあるためです。


おすすめ!!
発毛 育毛 自力 薄毛 改善 マニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

薄毛は少しずつ、しかし確実に進行していくため、人知れず悩みを抱えている男性も多いのではないでしょうか?

日本で薄毛に悩む成人男性はおよそ1,260万人ともいわれます。


現在では「薄毛は治療するもの」という考え方が浸透していますので、ぜひ専門のクリニックや皮膚科などに一度相談してみましょう。


■正しい対策は原因の特定から

薄毛のための商品は色々と販売されていますが、どれを使うべきかも悩むところです。

薄毛と一口にいっても、その原因や症状、頭皮の状態などによって最適な治療法は異なるため、自己判断ではなかなか難しいでしょう。

頭髪専門のクリニックや、薄毛治療をおこなっている皮膚科であればまずは頭皮チェックやカウンセリングから始め、1人ひとりにもっとも合った治療薬や治療法を提案してもらえますので、効率的に対策ができます。

薄毛の代表的な薬であるミノキシジルやプロペシアなども処方してもらえるでしょう。

中には男性型脱毛症(AGA)には該当しない脱毛症の場合もあります。

たとえば一部分のみが薄くなるのではなく、全体的にまばらに薄くなっていく「びまん性脱毛症」や、ストレスや自己免疫異常からくる「円形脱毛症」などはアプローチの仕方が異なってきます。

まずは薄毛の原因の特定から始めることが肝心です。


■薄毛治療の費用は?

残念ながら現段階では、薄毛治療は健康保険が適用されません。

つまり全額自己負担となります。

費用はかかるクリニックによっても異なりますが、一般的に薄毛治療専門外来のほうが割高にはなるようです。

月1回の通院で30,000円ほどが相場となっています。

皮膚科で診てもらう場合は、10,000円ほどのところが多いようです。

しかし専門的な機器や検査体制、増毛対策ということでいえば専門のクリニックのほうが効果は高いかもしれません。

当然ながら治療薬も10割負担となってしまいますが、手当たり次第に市販の育毛剤などを購入するよりは、もしかしたら安価に済む可能性もあります。

ちなみに代表的な薄毛治療薬である「プロペシア」は、インド産のみジェネリック品が登場していますが、日本ではまだ特許の切れていない薬ですので、正規の流通ルートはありません。

ネットの個人輸入では、業者が信頼できるかどうか見極めなくてはいけないため、購入には十分気をつける必要があります。


おすすめ!!
発毛 育毛 自力 薄毛 改善 マニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ