美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:離婚

セックスレスは、立派な離婚事由に該当することがあります。

ほとんどのカップルは協議離婚をしますが、場合によっては裁判となり、そこでセックスレスについても大きく扱われることがあるのです。

中には慰謝料の請求を認められたケースも何例かあります。


■セックスレスはなぜ離婚の原因になるのか?

セックスレスが離婚事由として認められる理由の1つが「夫婦の信頼関係」の問題です。

せっかく夫婦になったのに、セックスどころかキスやボディタッチまで拒まれて思い悩んでいる人が実際たくさんいます。

さらに何度相手に相談や説得をしても、けんもほろろに冷たくあしらわれる。

これでは夫婦間の愛情や信頼は失われてしまうでしょう。

また、セックスレスは浮気の原因になりやすいことも大きな問題です。

セックスを拒まれた側が、寂しさやもてあました性欲から浮気に走ることもありますし、拒んでいる側が実は他にパートナーを作っていた、ということもあり得ます。

調停になった場合、浮気とセックスレスのどちらが先に起こったのかが論点になることもありますが、いずれにせよ両者には密接な関係があるのは明らかです。

お互いに性交渉がなくても愛情をもって夫婦生活を維持できればいいのですが、実際は両方もしくはどちらかが不満を抱え込んでいることも多いのです。


■実際に慰謝料を請求できたケースとは?

セックスレスが原因の離婚で、慰謝料が発生した判例がいくつかあります。

平成5年に福岡の高等裁判所で起こった裁判では、入籍してから5か月間で性交渉が2~3回のみ、その後は拒み続けた夫に対して120万円の慰謝料が認められました。

また平成19年に東京地方裁判所で起こった裁判では、婚姻期間中まったく性交渉をもたなかった相手に対して
100万円の慰謝料請求が認められましたし、もっとも高額な慰謝料としては平成2年に京都の地方裁判所で起きた裁判において、3ヶ月の婚姻期間中に1度も性交渉をもたなかった夫に対して500万の支払い義務が認められています。

ただし、全体的には性交拒否に加えて言葉の暴力や無視といったプラスアルファがあったケースが多く、セックスレスだけでは事由としては弱いかもしれません。

また、病気や高齢などによる性交不能は、もちろん対象外です。

しかし、夫婦にとってセックスレスは重大な問題であることが分かります。


おすすめ!!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

一度離婚してしまった夫婦の復縁は、恋人よりやや難しくなります。

離婚にはパワーが必要といわれるように、籍を抜いて引越しもして…

というプロセスを踏んで別れたことは、やはり大きなことだからです。

しかし実際は復縁している夫婦もたくさんいますので、可能性はゼロではありません。

そのために必要なことをご紹介します。


■うまくいかなかった理由を突き止める!

離婚に至った理由の分析なくして、夫婦の復縁はありえません。

実際、せっかく復縁できたのに、また短期間で離婚してしまう夫婦も多いのです。

何がいけなかったのか、それを克服できれば本当にうまくやっていけるのかを冷静に考えてみることが大切です。

特に子どもがいる場合は、親の都合で振り回してしまうことになりますのでよくよく熟考する必要があります。

たとえば相手に浮気癖や散財、DVの傾向などがあった場合、ただ1人で生きていくのが不安だから、という理由で舞い戻っても、また同じことになってしまいます。

ある程度距離を置いて、「やっぱり自分に必要な人だった」と思えた時から復縁の努力をスタートしましょう。


■変化をアピールしよう!

子どもがいる夫婦なら、おそらく定期的に会う機会があると思います。

復縁のポイントは「会うたびに、あなたが素敵になっていくこと」です。

外見・内面ともにみがき、以前とは別人のように変化するくらいで良いでしょう。

一度結婚したということは、相手にとって自分は「対象外」ではないという点が強みです。

ただし会うごとに、復縁の意思をちらつかせて重たくなってしまうのはNG。

あくまで明るくさわやかに、魅力をアピールすることが大切です。

子どもがいない場合は、ある程度距離を空けてから、それとなく連絡して様子をうかがってみます。

復縁の確率は、相手の年齢や、モテるかモテないか、またあなたへの未練の度合いなどによって大きく変わりますが、一般的にいうと、人付き合いが苦手で、離婚してから孤独な生活を送っている相手のほうが、復縁できる可能性は高まります。


おすすめ!!
妻に許してもらい離婚を回避する方法

夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ