美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:食べ物

豆乳は、バストアップに効果的といわれています。

これは、大豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」という成分が、丸みをおびた女性らしい体つきをうながす作用をもつためです。


■大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じはたらき?

大豆イソフラボンは、「植物性のエストロゲン」ともいわれるほど、女性ホルモンによく似たはたらきをもつことでられています。

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、排卵に向けて分泌量が増えます。

丸みのある体型や美肌、美髪などに効果があるとされています。

つまり排卵に向け、女性を魅力的にしてくれるのです。

しかし40歳を過ぎるころから徐々に減少し、閉経するころにはエストロゲンが卵胞ではないところから作られるようになるため、更年期障害につながります。

更年期障害の緩和として、エストロゲンを投与する「ホルモン補充療法」がおこなわれています。

このホルモンと大豆イソフラボンは化学構造が似ており、作用も似ていますので、バストアップや美容に良いとして注目を集めています。


■妊娠中の過剰摂取は控えて

大豆イソフラボンの1日における摂取量の目安は40~50mg、上限は70~75mgとされています。

豆乳なら1日400mlまでを目安にしましょう。

豆乳や納豆、豆腐などを多少多めに摂取しても、体外へ排出されますので基本的に問題ありませんが、特にサプリメントで摂取する場合は、妊婦さんや乳幼児では副作用が考えられるため、適量を守ることが推奨されています。

大豆イソフラボンの副作用としては、主に乳がんや子宮筋腫、子宮内膜症などのリスクを高めることが知られています。

たとえば乳がんや子宮筋腫は、エストロゲンと深いかかわりがあることが分かっており、エストロゲンに体が長くさらされていればいるほど、発症する確率が上がるといわれます。

まだまだ研究途中ではありますが、安全のためにも適量を守るようにしましょう。


おすすめ!!
業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

バストアップには、エクササイズや豊胸手術などの方法がありますが、近年、女性たちから熱い注目を集めているのが、サプリメントです。

中でも「プエラリア」という成分が、バストアップに有効であることが分かっていますが、副作用もあるため、過剰摂取しないよう気をつけましょう。


■植物性エストロゲンでバストアップ!

プエラリアとは、正式名称を「プレラリアミリフィカ」という、タイやミャンマーに自生するマメ科の植物です。

その根には、糖や食物繊維のほか、イソフラボンも含まれており、実に大豆の40倍もの量といわれています。

イソフラボンといえば「植物由来のエストロゲン」とも呼ばれるほど、女性ホルモンの1つであるエストロゲンに似た作用をもつことで知られています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)には、女性らしい、丸みを帯びた体つきをうながす働きがあり、これを生かして、バストアップに役立てられているのです。


■プエラリアの副作用

いくら植物由来とはいえ、卵巣からではなく、サプリによって女性ホルモンを多量に摂取することには、副作用も指摘されています。

その1つが、生理不順や不妊症です。

外からエストロゲンが入ってくることで、体がみずから分泌をやめてしまい、女性ホルモンの乱れにつながるといわれています。

さらに、エストロゲンには乳がんや子宮がん、子宮筋腫などの発生リスクを高める作用もあります。

食品安全委員会も、大豆イソフラボンの過剰摂取に警鐘を鳴らしており、1日の上限を30ミリグラムと定めています。

さらに、サプリメントとして女性たちに人気が高いことから、大量生産のため、タイやミャンマー産の良質なプエラリアを使用していない商品も出回っています。

購入する際は、そのブランドが本当に信頼できるかどうかを見極め、プエラリアの産地をしっかり確認するようにしましょう。

また、1日の使用量をかならず守ることが大切です。


おすすめ!!
業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ